キーボードの構造と価格

パソコンのキーボードには、大きく分けて次のような構造のものがあります。
まず、現在、最も主流なのがメンブレン方式です。これは、2枚の接点シートの間に絶縁シートを挟んだものを使っています。キーを押すと、接点シートの該当部分がへこんで接触するという仕組みになっています。
メンブレン方式には、キーを支える方式として、突起があるラバーシートを用いているものや、パンタグラフ状のパーツを用いているものなどがあります。また、構造が比較的単純なため、価格が安い物が多いです。しかし、キータッチ感が他の構造のものより劣り、長時間の使用でストレスを感じる人もいます。
次に、昔のパソコンに多く採用されていたキーボードに、メカニカル方式があります。これは、キーの1つ1つにスイッチが内蔵されているものです。メカニカル方式は、メンブレン方式に比べて構造が複雑ですから、最近のパソコンではあまり採用されていません。また、価格も高めです。しかし、キータッチ感に優れていて、長時間のタイピングでもストレスを感じにくいため、メカニカル方式を好んで選ぶユーザーも多いです。
最後に、静電容量無接点方式というものがあります。これは、入力の検知方法として、静電容量の変化を使うものです。物理的な接点がないため、耐久性が高く、キータッチ設計の自由度も高いですが、価格は高価なものがほとんどです。