キーボードのパソコンの配列

キーボード配列は、データ入力のスピードや操作する方のデータ入力の慣れといった要素に直結します。したがって、キーボードの配列は、標準化されていて、JISキーボードが主流となっています。もしも、パソコンのキーボード配列がメーカーごとに違っていたとしたら、パソコンの購入顧客は、最初に買ったメーカーのパソコンしか利用できないような状態になると想定されます。そのようになると、顧客にとっては、多数のメーカーの中から自由に選ぶことが難しくなり、非常に不利になるのではないでしょうか?。

キーボードは顧客にとって、何処にどのキーがあるかを記憶しないとスムースに入力できません。ブラインドタッチが出来るのも、キーの位置が、固定化されていることで可能になります。ブラインドタッチが出来る方の入力スピードは、格段に向上します。しかも、目でキーの位置を確認することなく、目は、絶えず、画面をみてデータが入力されますので、入力データをチェックしながら正確に入力できます。したがって、効率よくデータの入力が可能になります。JISキー配置には、このような効果があります。しかも人間工学的にも考慮されていますので、誰でもが利用し易くなっています。