キーボードで操作しやすいパソコンのショートカットキー

パソコンを操作する際にUSBでマウス接続をして、クリックを重ね指示を出していくこともできますが、キーボードにおいてショートカットキーを活用すれば、マウスがなくてもスムーズに操作を進めることが可能です。
Windowsパソコンでは「Ctrl」というキーがキーボードに複数ついており、このキーと他のキーを組み合わせることで、コントロールパネルなどのファイルを開くことなく直接指示が送れます。たとえばテキストファイルをプリントアウトをするのに、「Ctrl」と「P」を同時に押せば、プリンターのプロパティが開かれて、紙のサイズやフチなどを設定をすることもできますし、すぐに印刷を開始することもできるのです。また、テキストを作成するにあたって、「C」キーや「V」キーなどを使うとコピーアンドペーストができますので、短時間で文章を作り出すことができます。
その他にも「F1」や「F2」というようにファンクションキーがキーボードの上部にありますので、設定をしていくことで指示内容を登録することが可能です。パソコンは使用者によって使い方が異なりますので、ショートカットキーを活用することで使いやすいようにカスタマイズをしていくことができます。